アニメ全話無料

【完全版】Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)|アニメ第1話〜最終話までのネタバレあらすじ&キャスト情報

Re:ゼロから始める異世界生活 動画 ネタバレ

「Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)」はU-NEXTで1話〜最終話まで全話無料視聴が可能です。

現在、31日間無料で体験キャンペーン中なので、全話無料で視聴したい場合はU-NEXTへどうぞ。

ボタンをタップするとU-NEXT公式サイトに移動します。
解約は好きな時に無料でできるので安心です。

※掲載している情報は2019年4月時点のものです。
最新の配信状況は各動画配信サービスサイトにてご確認ください。

アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)」のあらすじ(ストーリー)

コンビニからの帰り道、気が付くと異世界にいた高校生、菜月昴。 右も左も分からない異世界に放り出され、途方に暮れていた昴に手を差し伸べたのは銀髪の美少女だった。少女に何かお返しがしたい昴は、少女の探しものを一緒に探すことになるのだが…。

引用:U-NEXT

ひよこ
ひよこ
最初の入りは定番の異世界転生モノですが、死に戻りの設定は衝撃でした!

アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)」の3つの見どころ

  • 原作は累計500万部超えの大ヒット漫画
  • 2019年夏から第2期の放送が決定
  • 「死に戻り」という設定で生々しい死亡シーンあり

「Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)」、通称リゼロは原作マンガが500万部以上の売上を記録している大ヒット漫画です。

第1期は26話の長期で放送され、2019年夏頃から第2期の制作も発表されています。

リゼロでは「死に戻り」というRPGでは定番の設定が生々しく描かれていて、痛々しい死と復活を繰り返すという見どころ満点のアニメになります。

アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)」のキャスト(声優)

  • 小林裕介
  • 赤崎千夏
  • 新井里美
  • 高橋李依
  • 水瀬いのり
  • 中村悠一
  • 内山夕実
  • 村川梨衣

アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)」の主題歌は?

主題歌はオープニングテーマが鈴木このみの「Redo」です。

アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)」のSNS情報

公式Twitter(ツイッター)

「Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)」にインスタグラムの公式アカウントはないようですね。

アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)」第1話〜最終話までのあらすじネタバレ

ここから「Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)」のネタバレ解説になるのでご注意ください。

内容を見ずに動画を視聴する場合は下記から無料で見れます。

ボタンをタップするとU-NEXT公式サイトに移動します。
解約は好きな時に無料でできるので安心です。

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 第1話あらすじとネタバレ

MINI STOPで漫画の立ち読みをしている『リゼロ』の主人公ナツキ・スバルは買い物を終えコンビニを後にし、何かとてつもない違和感を感じつつ彼は疲れている目を擦ります。

するとさっきまでの現代の光景とは全くの別世界が彼の目の前に広がっていました。

なにやら突然ゲームのような西洋風の建物が立ち並ぶ、とてもファンタジーな異世界へと召喚されてしまったようです。

日頃からゲーム好きのスバルはゲーム内ではありがちなこのような状況をすぐに理解しますが、ファンタジーならではの魔法を使おうとしてもそれは使えません。

街の果物屋へやってきたスバルは店主と話言葉は通じても彼が持っていた日本円で果物を買う事はできないと知ります。

何者かに異世界へ召喚された事は理解できても、この先どうしたものかとまずは情報収集を始めるスバル。

思うように情報を得る事ができず路地裏で落ち込んでいるところにやってきた不良達3人組に恐喝されますが、さらに走ってこちらへ向かってくる金髪の少女に皆の注目がいきます。

しかしスバルを助けに来たわけではなく、たまたま路地裏を通りがかっただけの金髪の少女は慌ただしく走り去っていきました。

不良達に歯向かいボコボコにされるスバルのもとにまた新たな次は銀髪の少女が現れ魔法や精霊を使って不良達を撃退します。

気絶したスバルが目覚めると銀髪の少女と精霊が彼の傷を治し意識を戻すまで傍にいてくれていました。

銀髪の少女はスバルが先程会った金髪の少女に記章を盗まれ追いかけているとのこと。

そんな大変な状況にも関わらず、傷ついて意識を失った自分を目が覚めるまで待ってくれていたと知るスバルは感激し彼女を手伝う事に決めます。

金髪の少女の捜索を続ける3人は途中自己紹介をし合い、精霊はパック、銀髪の少女はサテラと名乗ります。

道中、泣いている迷子の幼女を助けようと声をかけ、彼女をお母さんのところへ送り届けました。

大事なものを盗まれ、かなり急いでいるはずなのにそれを後回しにしてでも人助けを優先するサテラの姿に感銘を受けるスバル。

3人はサテラが記章を盗まれた近辺へ戻ることになり、その近くでスバルが初めにいた果物屋を訪れます。

すると先程助けた迷子の幼女がおり、その父であり店主の男から金髪少女の事を聞ける事になりました。

金髪の少女は名をフェルトといい、貧民街の人間だという情報を得た3人は貧民街へやってきますが、夕方になると体力切れになる精霊パックは結晶石に戻ります。

フェルトがいる可能性があるロム爺の盗品蔵を訪ね、スバルが一人建物の中に入っていくと真っ暗な部屋に血まみれのおじいさんが倒れて死んでいました。

そして、背後から忍び寄る者に突如腹を切り裂かれ倒れ、外へ出てこないスバルを心配し入ってきたサテラは殺され倒れていた彼もそのまま死んでしまいます。

次にスバルが目を覚ますとそこはなんと昼間の街の果物屋の前でした。

果物屋の店主と序盤で交わす同じ会話をするスバルは持ち物まで同じで、先程は夜のはずなのに昼間になっていて一体どうなっているのか。

とにかくあの場所へ戻らないといけないとスバルは貧民街まで走り再度ロム爺の盗品蔵へやってきます。

ドアをノックすると真っ暗な部屋に血まみれで死んでいたはずのおじいさんが出てきました。

おじいさんの名はロム爺、一通り会話をした後そこでフェルトの帰りを待つスバルは金髪の彼女と再会。

フェルトにサテラの記章を買い戻したいと話を持ちかけ、金はないがこの世界には存在しないケータイと交換してほしいと交渉するスバル。

ケータイのカメラを使い、対象物を画像として残す事ができるというその凄さをフェルトとロム爺にアピールします。

そこへフェルトが盗んだ記章を元々買い取る予定であったエルザという女性が蔵へやってきました。

スバルとエルザどちらに売るかという話し合いをする4人、記章をどうするつもりかというエルザの質問に対し元の持ち主に返すと話すスバル。

すると突然エルザに剣で斬りかかられたスバルを寸前でフェルトが助けますが、止めに入ったロム爺が殺されます。

そして応戦するフェルトまで殺され、結果スバルもはらわたを切り裂かれ再び死んでしまいました。

その後、またあの果物屋の前で目を覚ますスバルは何がなんだかわけがわからず辺りを見回すとサテラが通り過ぎます。

彼女を走って追いかけ「サテラ」と呼びかけますが彼女は「人を嫉妬の魔女の名で呼ぶとはどういうつもり」とスバルへ激昂したところで第1話が終了しました。

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 第2話あらすじとネタバレ

この世で最も恐れられている嫉妬の魔女サテラの名で呼ばれ銀髪少女が主人公スバルに激昂しているところ、フェルトに隙を突かれ大切な記章を盗まれます。

スバルはフェルトを追う銀髪少女を見失い、路地裏にて不良3人組に絡まれた挙句通り過ぎ様に短剣で刺され殺されてしまいました。

そしてまたあの果物屋の前で目を覚ますスバル。

スバルは自身のおかれている状況をだんだん理解でき、死ぬ前に会った人や交わした会話、全ての状況がリセットされている事にようやく気が付きます。

そして、自分が死ぬ度に自分だけタイムリープして自分以外のあらゆる全てが初期状態に戻るこの現象を「死に戻り」と名付けました。

リセット後もこの世界で起きる出来事は変わらないため、エルザが盗品蔵へ行く前にフェルトから記章を買い取り銀髪少女に返すという流れで行動しようとスバルは走ります。

いつもの路地裏で不良3人組に絡まれますが大声で助けを呼ぶと、騎士であり剣聖のラインハルトが現れ不良共を追いやりました。

2人はしばらく会話を交わし、ラインハルトと仲良くなり彼に感謝をして別れ、貧民街へ急ぎ足で向かうスバル。

到着した貧民街でフェルトと再会したスバルはケータイを使い記章買取の交渉をして一緒に盗品蔵へ向かいます。

鑑定士のロム爺もスバルのケータイは価値が高いと判断しますが、元々の記章買取の依頼人エルザの話も聞かないと決められないと言い放つフェルト。

そこへドアをノックする訪問者が現れ、それはエルザだと思いかなり怯えるスバルを余所にフェルトがドアを開けると扉の向こうにいたのはなんとあの銀髪少女でした。

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 第3話あらすじとネタバレ

フェルトに盗まれた大切な記章を取り戻すため盗品蔵を訪れた銀髪少女。

彼女は魔法を使い実力行使に出ようとしますが全てを知っているスバルが険悪なムードを少し和ませました。

するとそこへエルザが現れ銀髪少女に斬りかかりますがパックがかろうじて防御に成功します。

エルザと戦闘中パックがマナ切れで消え、銀髪少女とロム爺が必死に戦っている最中スバルは一番若いフェルトを生かすため蔵から逃がしました。

覚悟を決めたスバルも戦いに参戦しますが渾身の蹴りをエルザに受け止められ足を切断されかけているところ、フェルトが街から呼んだラインハルトが助けにきます。

ラインハルト曰くエルザは「腸狩り」という異名で危険人物として王都でも名前が上がっている者でした。

ラインハルトは物凄いスピードで仕掛けるエルザの攻撃を全て剣で受け止め、彼女の攻撃を遥かに凌ぐ圧倒的な魔法剣で建物ごと粉砕。

かと思いきや皆が会話をしているところ全壊した建物からかなりダメージを受けているエルザが銀髪少女の腹部目掛けて斬り込んできます。

スバルは身代わりになるため彼女をはねのけ落ちていた大木でかろうじてその攻撃を防ぎ、エルザはその場から逃げ去りました。

命がけで自身を守ってくれたスバルの願いに応え、彼女は「エミリア」という本当の名前を名乗ります。

ひとまず危機から脱し安心から皆が談笑していると、実は大木では防ぎきれず斬られていた腹部から物凄い勢いで血を噴き出しその場に倒れるスバル。

エミリアはスバルを治療しますが彼は気絶したままです。

その後彼女がラインハルトと会話をしていると、フェルトがエミリアに記章を返そうと手を差し伸べました。

それを見てラインハルトが何故かひどく焦りを見せ、フェルトの手を力強く掴み色々と尋問します。

そして、ラインハルトは彼女の身柄を預かるといってフェルトを魔法で気絶させ立ち去って行くのでした。

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 第4話あらすじとネタバレ

とある邸宅で目を覚めたスバルはループする廊下を歩き、最初の部屋を開けると髪を縦巻きに編んだツインドリルテールで幼女風のベアトリスと出会います。

いきなり部屋へ入ってきたスバルに怒り、ちょっと思い知らせてやると言い彼にただ触れるだけで気絶させる程の電撃を走らせる幼女ベアトリス。

そのまま気絶したスバルが再び目を覚まし独り言を呟いていると、彼をステレオチックに罵倒する屋敷のメイド双子姉妹(赤髪の姉ラム・青髪の妹レム)がそこにいました。

そこへエミリアも現れ、互いに命を救ってくれた事に感謝し合うスバルとエミリア。

2人は外へ出てスバルがラジオ体操を教え、パックも混ざり元気いっぱいに体操しているとこの屋敷の当主ロズワール卿が帰宅したため集まるようラムとレムが3人に呼びかけます。

皆での会食の際、現在この世界は王様が不在であり近々王選が行われる事、ロズワールの後ろ盾でエミリアが数人いる王候補の1人になっている事を知るスバル。

そしてエミリアがフェルトに奪われていたのは王選参加者の証である記章であった事がわかりました。

そのような大変な事件であり、スバルの要求でその記章を取り返し手柄を立てた褒美として彼は屋敷で雇われることに。

執事の先輩ラムレム姉妹に屋敷の案内を受け大量の仕事を教わりこき使われます。

その夜、屋敷の外でエミリアと会話をするスバルはなんとか1日デートする約束にこぎつけ、ベアトリスに眠る前の挨拶をしたあと自室で眠ります。

スバルははしゃぎながら目覚める彼の傍にいたラムレム姉妹が初対面のような反応、昨日傷だらけになったはずの自分の手が綺麗になっているという違和感に気付いたのです。

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 第5話あらすじとネタバレ

ラムとレムに自分を覚えていないのか問い質すスバル。

やるせなくなり部屋を飛び出し、扉渡りを破りベアトリスの禁書庫へやってきたスバルは独り言を呟きながら何故死に戻りをしたのか考え込みます。

その独り言に対し罵倒するベアトリスの変わらない毒舌ぶりに、彼はやり直す気力を取り戻しました。

死に戻りの原因を探るべくできる限り前と同じルートを辿るよう努めますが、ラムに文字の読み書きを教わる等少しずつ出来事が変わっていきます。

翌日、スバルとレムは街へ買い出しに出掛けました。

スバルは街の子供達と仲良くなり子供が連れてきた犬に噛まれているところ、レムが買い出しを終え共に屋敷へ戻ります。

その晩、前回とは全然違う形ですがスバルはエミリアとデートの約束をする事ができました。

今夜は眠らぬようにと努めていると、突如悪寒がし激しく嘔吐するスバル。

彼がひどく苦しみながら部屋を出ると何者かの奇襲で左腕がちぎれ、最終的には殺されてしまいました。

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 第6話あらすじとネタバレ

苦しみ悶えながら目を覚ますスバルは左腕を確認し、生きて戻ってこられた事を認識しました。

第5話同様、初対面状態のラムとレムが部屋内にいる場面へ死に戻りしています。

お約束のベアトリスがいる禁書庫で状況整理をしていると彼女の怒りに触れ、窓から突き落とされ動物の肥料が大量に撒かれた花壇に着地するスバル。

落ちた先にエミリアがいて、パックの水魔法で溺れそうになりながら糞まみれの体を洗ったところでロズワールが帰宅し初対面団欒イベントが始まります。

スバルは今回、執事ではなく食客としての扱いをしてもらうことにしました。

これは情報収集に徹して襲撃者の正体を暴こうという作戦ですが、お客様扱いのため皆の態度が余所余所しくなかなか思うような情報が得られません。

しかしベアトリスに呪術について教わる事ができ、死ぬ前に自身が衰弱したのはその類である事に気付きました。

自室で一人状況整理をしているスバルの元にラムがお茶を持ってやってきます。

話の流れで「泣いた赤鬼」という悲しく寂しいおとぎ話をスバルから聞くラムは、手厳しい感想を残して部屋を後にします。

翌日この屋敷を出ていく事にしたスバルは皆に別れを告げた後、見える場所で屋敷を監視し襲撃者を食い止める作戦に。

日没前になると突如モーニングスター風の武器で急襲されるスバルは2撃目でこれを受け止め、相手をおびき寄せます。

そして現れた襲撃者の正体はなんとロズワール邸のメイド、レムだったのです。

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 第7話あらすじとネタバレ

主人公スバルを襲うロズワール邸の使用人レム。

スバルは逃げようと試みますが、レムの遠隔攻撃により足を切断されてしまい彼はその場に倒れ込んでしまいました。

倒れたスバルに対しレムは「エミリアに敵対する王候補者の陣営の者か」と尋問します。

彼女は魔女の匂いが漂うスバルをエミリアの敵対者かもしくは魔女教の関係者と勘違いしているようです。

何度死に戻りしてもスバルだけはそれまでの全ての記憶があるため、彼女達と仲良くなった気である彼はこの状況に絶望し泣き叫びました。

そこにレムが彼の首を切り、スバルは再び死に戻りします。

自身を心配し寝ている部屋にやってきたエミリアに対し自分が何度も死に戻りをしている事を告げようとすると、時が止まり魔女の手によって心臓を掴まれ苦しめられます。

どうやら他人に自分の死に戻りを告げる事は出来ない模様。

今までに何度か死んだ事よりもはるかに恐ろしい体験をしたスバルはエミリアに「俺にかまわないでくれ」と告げ、一人になります。

しばらくして部屋にやってきたベアトリスに2日後の朝まで自分の命を守ってほしいと頼み、これを約束されたスバルは安心して眠ります。

自分が殺される悪夢にうなされている彼の手を何者かが握り続け、彼は落ち着きを取り戻しました。

そしてベアトリスの部屋の禁書庫で問題の5日目の朝を迎えられたスバルでしたが、彼を探していたエミリアにとある部屋へ連行されます。

その部屋で泣き喚くラムや悲しむロズワール邸の皆の目の前ではなんとレムが死んでいます。

当主のロズワールによるとおそらくレムは誰かの呪術により衰弱死させられたとのこと。

スバルは皆に何か知らないかと問い質され、ラムには「知っているなら洗いざらい吐け」と魔法で脅されます。

ラムの魔法から彼を守るためベアトリスがそれを防ますが皆が仲間割れを起こしているこの場にいてもたってもいられず逃げ出し、屋敷を飛び出したスバル。

飛び出した先で見つけた崖で自殺しようとしますが腰が引け、足が竦み思うように体が動きません。

しかし、悪夢でうなされていた自分の手を誰かが握ってくれた事を思い出し、それがラムとレムであった事がわかります。

弱気になって逃げ出していた自分を正し、自分は皆が大好きであると再認識したスバルはやり直す覚悟を決め、自ら崖へと走り出し自殺したのです。

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 第8話あらすじとネタバレ

崖から飛び降り死に戻りで生き返ってこられた主人公スバル。

ラムとレムの手を拝借すると、自身が悪夢にうなされていた時に握ってくれていた2つの手である事を再認識できました。

覚悟を決めたスバルはまず屋敷内の者達との信頼関係を築くため、執事業務を猛烈に元気にこなします。

休憩中、エミリアの精霊パックから魔法の属性やその使い方について教わる事に。

パックによりスバルは陰属性である事がわかり、早速魔法を使いますがまだ力の制御ができず体の中にあるマナを全て使い果たします。

1日の執事業務を終えたスバルはベアトリスの部屋を訪れ、呪術について聞きました。

発動してしまうとどうする事もできない呪術ですが発動する前の状態だと解除が可能である事、続いてスバルから魔女の残り香がする事もあり魔女についても聞きます。

嫉妬の魔女サテラはやはり恐ろしい存在であり、そんな者の名前を借りて名乗った初めのエミリアの本心は王選のいざこざから周りを遠ざけるためであった事にも気付きます。

優しいエミリアの心に触れ、スバルは自分が今できる事に必死になって取り組みました。

しかしその頑張り過ぎている姿は周りが心配してしまう程に痛々しく映って仕方ありません。

無理をして動いている体に精神がついてこず空回りしているスバルを見かねたエミリアは彼を呼び出し、膝枕をさせて赤ちゃんをあやすかのように励ましました。

張り詰めた糸が切れ子供のように泣きじゃくるスバルは不安な気持ちを全てぶちまけ眠りこけた後、ベアトリスの部屋で今後の作戦を考えます。

呪術を行う対象との接触をすることでかけられる呪い、この事を知ったスバルはふもとの村が怪しいと睨みます。

翌日村へ行くため、ラムとレムに用事をこじつけ3人で向かう事になりました。

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 第9話あらすじとネタバレ

ラムやレムと一緒にふもとの村を訪れ、ラジオ体操を通じて大人子供関係なく村人達全員と親密になるスバル。

村人達全員に自分の体の至るところを触らせ、少女が連れている子犬に左手を噛まれ村を後にします。

呪術をかけるにはその対象に触れる必要があるので、スバルは呪術師をあぶり出すためわざと村人全員と物理的に触れ合ったのです。

スバルはベアトリスの部屋へやってきて自分に呪術がかけられているか確認すると案の定かけられており、その場所はなんと左手でした。

ベアトリスに呪術を解放してもらい、呪術師の犯人があの子犬であることがわかったスバルは村の子供たちの危険を感じラムとレムに再び村へ行く許可をもらいます。

エミリアとラムに見送られ、スバルはレムと共に村へと向かいます。

村へ到着すると夜中にも関わらず子供達がいなくなったため村人達が探しているという状況でした。

さらには魔女が生み出した魔獣から村を守っている結界までもが破られており、より子供達が危ないため森へ捜索に向かいます。

奥で子供たちが衰弱して倒れているのを発見しますが、一人だけ見当たらないため子供達をレムに任せてスバルはさらに奥地へ。

ついにもう一人も見つけ出せましたがその子へ近づくスバルに魔獣が襲いかかります。

咄嗟に腕に着ている服をグルグル巻きにし、それを噛ませて魔獣が太い木の枝に突き刺さるよう投げ飛ばしかろうじて撃退に成功。

一安心もつかの間、すぐさま魔獣の大群が押し寄せますが子供達を村へ戻し救助へやってきたレムと合流し共にその場から逃げ出しました。

途中で追い詰められてレムがやられてしまいますが、気を失ったはずの彼女が鬼の力を解放し立ち上がり次々と魔獣を倒します。

しかし背後を取られ危ないレムをスバルが決死に突き飛ばし彼女の犠牲になりました。

レムは気を失ったスバルに必死に呼びかけますがその反応はありません。

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 第10話あらすじとネタバレ

スバルは村の医務室で目を覚まし、今回は死んで生き返ったわけではなく治療されかろうじて生かされた事を知ります。

同室内でエミリアが椅子にもたれかかって寝ており、その隣にいたパックに現在の状況を聞き出します。

致命傷を負いながらもレムがスバルを村まで連れ帰り、村の子供達の呪いはパックとベアトリスにより解除され、スバルの傷はエミリアの手で治療されたとのこと。

外へ出て村人の安否を確認して回るスバルの元へベアトリスが現れ、人気の無い場所へ呼び出します。

ベアトリスから現在スバルは追加で無数の呪術をかけられており、あと半日もしない内に死ぬであろうという宣告を受けました。

呪術が重なり過ぎて解除できないため、呪術をかけた者を片っ端から倒すしか方法がありません。

その宣告と同時にレムが彼を助けるため森へ行き、一人で魔獣と戦っているという事を知ったスバルとラムは一緒にレムの捜索に森へと向かいます。

スバルが誰かに死に戻りの話をしようとすると魔女が彼を苦しめ、魔女の残り香が強まるという特質を生かし魔女の匂いに寄ってくる魔獣をおびき寄せました。

彼の魔女の匂いに寄ってきた魔獣を追ってレムも必ずやってくるはずと踏んだようです。

ラムが次々と現れる魔獣を魔法で倒していきますが、途中マナ切れを起こし体が動かなくなった彼女を抱えて逃げ出す事しかできないスバル。

そこへレムがやってきますが鬼化して制御ができず正気を失っているため、こちらへも攻撃を仕掛けてきます。

レムの角に強烈な一発を喰らわせられれば正気に戻るかもしれないとラムから聞いたスバルは危ない賭けであると理解しつつもラムをレムの所まで投げ飛ばします。

それと同時に自分も高く飛び、レムの角目掛けて剣を振り下ろしたのでした。

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 第11話あらすじとネタバレ

『Reゼロから始める異世界生活』第11話はラムとレムの過去から始まります。

鬼族にとって双子は忌み子、処分されるのが習わしで掟を守るため族長が鬼となりラムとレムを手にかけようとしますが、幼いラムも鬼化しとてつもない力を発揮しました。

例外として生かされた2人ですがラムは神童と言われるほど称えられ、レムは修行をしてもラムとの多大な力の差に大きな引け目を感じてなりません。

レムは鬼の力ではラムに敵わないため、家族の晩御飯を作ろうと森へ素材集めに出掛けますが途中雷に打たれそうになったところをラムに助けられます。

家族の役に立ちたい、褒められたい、認められたいという気持ちで行った行動が逆に裏目に出てしまい負い目さえ感じてさらに心の闇が深くなりました。

同族の皆から罵られ蔑まれる、そんな悪夢を見ているところラムに起こされ優しく励まされます。

そして「もう何もせず、これからはただお姉ちゃんの後ろをついて歩こう」そんな決心をしたレム。

しかしある夜、家の中に誰もいないため目を覚ましたレムが玄関を開けると外には炎で燃え盛る鬼族の村と焼き尽くされた村人達の光景が広がっています。

たった一人で襲撃者と戦っているラムが家の前で泣き崩れているレムに近寄りますが敵がラムの角を切り落としてしまいました。

このような壮絶な過去から鬼の力を失ったラムの代わりになろうとこれまで必死に出来る事を積み重ねてきたレムが目を覚まします。

スバルはレムを担ぎラムも一緒に魔獣から逃げています。

傷だらけになっている2人の姿を見たレムは全て自分のせいだと罪の意識を感じ、自身を責め始めました。

そこでスバルが発言した「一人で考えて抱え込むんじゃなく色々と周りを頼れ」

彼のこの言葉はレムの心に強く響いた様子です。

そこへ魔獣の大群が押し寄せてきますが立てないレムをラムに任せ、スバルが自ら囮になるため魔獣へ立ち向かい善戦しました。

あと一歩というところで彼は魔獣に捕まってしまいますがそこへロズワールが助けに現れ、魔法で魔獣を掃討します。

生きている姿を見られて感激のあまり泣きながら抱きついてきたレムの胸の中で気絶するスバル。

目を覚ますと隣にレムがいて彼女が手を繋いで看てくれていたようです。

会話でずっと弱気な発言を繰り返す彼女に対し、励まし感謝し優しく助言するスバルに感激したレムは泣きながらも最高の笑顔を取り戻しました。

その夜スバルはエミリアから村の平和を取り戻した事を感謝され「俺とデートをしよう」という要求に応えてもらえることになったのでした。

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 第12話あらすじとネタバレ

スバルはエミリアとともに村を訪れ、村の子供達と仲良く触れ合います。

屋敷へ戻ると王都から王選に関しての来訪者がおり、エミリアはその者に応対するため屋敷内へと入っていきました。

王都からの呼び出しで出掛けるエミリアに対しスバルも共に行くとそれを懇願しますが、彼女は彼を面倒事に巻き込みたくないため拒絶します

そこでレムとロズワールもエミリアの説得に加わり、王都で世話になった者へのお礼参りと魔獣との戦闘で酷使した体の治療という名目で王都行きを許される事になったスバル。

王都へ到着した2人はまず果物屋を訪れ、以前は無一文で買えなかったが世話になったお礼としてリンガを買い城へ向かいました。

城前で剣士ユリウスと遭遇し、身分の高いエミリアに敬意を払うつもりで彼女の手の甲に口づけをしますがそれを見たスバルは敵意を剥き出しにし皮肉を言っています。

エミリアは「きっとスバルは嫌な思いをするから少し待ってて」と言い彼を置いてユリウスと城内へ入っていきました。

路地裏で不良達に絡まれる少女を目撃し、それを助けるスバルの元にたまたまロム爺が現れ事なきを得たところで戻ってきたエミリアとも合流します。

スバルは宿での会話で自分の為に無理をする彼を心配し翌日は留守番をさせようとするエミリアと「体が治るまで魔法は使わず無理も禁止」という約束をしました。

翌日、城へ出掛けて行ったエミリアを追うためレムを説得し外へ出ると昨日不良達から助けた少女がちょうど馬車で王城へ向かうところを拾ってもらいスバルも城へ向かいます。

馬車内で分かった事としてその少女プリシラもまた王選候補参加者の一人でした。

王城へ到着し、プリシラの使いとして城内へ入りますがその光景を目にしエミリアが困惑します。

そこへ王の代わりに国の運営をしている賢人会の者達が勢揃いし、議会が始まるためそれぞれの立ち位置につきました。

王候補として並ぶ4人の女性達、そこへラインハルトが最後の候補者を呼び出しますがその者とはなんと以前エミリアの記章を奪ったあのフェルトだったのです。

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 第13話あらすじとネタバレ

王候補者として現れゆっくりとラインハルトのもとへ歩き、目の前に立つと彼目掛けて蹴りを入れるフェルトは何も聞かされずドレス姿にされてこの場に呼ばれた様子。

スバルは思い掛けない再会でフェルトに軽く蹴られながら少し談笑します。

そして戸惑う周りの者達の前でラインハルトが王候補の証である記章をフェルトに渡すと記章が輝きを見せました。

これは王候補者でないと起きない現象。

しかしフェルトは貧民街出身であることをプリシラから罵られ、このいざこざがエミリアにまで飛び火します。

エミリアはこの世で最も恐れられている魔女と同じ銀髪のハーフエルフのため、その姿を忌み嫌う賢人会の者達も彼女を罵り始めましたがそれに対しスバルがブチギレ。

そして彼女の騎士を名乗りますが軽はずみな発言で騎士の名を汚されたとユリウスが怒り、言い争いが始まります。

王選の会議後、スバルは闘技場へ連れてこられ彼と木剣で戦う事になりますが魔法を使っても敵わずユリウスに一方的にボコボコにされ気絶してしまいました。

目を覚ますと傍にエミリアがいて話し合いをします。

これまでの行動は全て君のためだと言うスバルに対し、「自分のためでしょ。

私は一度だってお願いしてない」と指摘するエミリア。

エミリアはスバルに対し、自分のためにもう無茶をしてほしくないためそうならない約束をしてきたつもりでしたが、彼は彼女の力になるためそれを破ってのこの状況です。

想いのすれ違いが止まらない2人は口喧嘩がヒートアップし、肝心な事を言おうとすると魔女に心臓を掴まれ止められるスバルは終いにはひどい態度に出ました。

スバル「これまで全部、俺のおかげでどうにかなってきただろ。お前は俺に返しきれないだけの借りがあるはずだ」

エミリア「そうよね。だからそれを全部返して・・終わりにしましょう。」

このやり取りの後、エミリアは部屋をあとにしていくのでした。

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 第14話あらすじとネタバレ

剣鬼ヴィルヘルムのもとで、辛い気持ちを隠すため稽古という名の言い訳に励むスバル。

そこへやってきてユリウスとの一件を止められなかった事の謝罪をするラインハルト。

あの決闘には何の意味も無かったと言われ、自分の意地を否定された気持ちになりカチンときたスバルは彼をすぐさま追い返します。

そしてまた誤魔化す様に稽古に励み、翌日レムと街へ出掛けました。

街の掲示板に王選候補者の5人の貼り紙があり、銀髪のハーフエルフであるエミリアの悪口が聞こえてきたスバルは彼女を庇おうと口論になります。

街の住民が皆魔女のせいでハーフエルフ自体をも怖がっている事を知ったスバルは愕然としました。

その夜、王選候補者の一人クルシュに呼ばれ会話をする事になりそこで励まされます。

翌日、ラムから通じる共感覚で妙な気配を感じたレムと、クルシュからロズワール邸付近で厄介な動きがあり屋敷が危険かもしれないと聞かされすぐに助けに行こうとするスバル。

しかし状況として彼は体の治療のためクルシュのところに置いてもらっています。

まだ終わっていない治療が中断してしまう事、クルシュのもとを離れた時点で敵対する事になるという事を差し置いてもスバルはそれを振り切り飛び出していきました。

スバルはレムと共に屋敷へ向かいますが、道中に深い霧がかかっており白鯨という化物が出るかもしれないという事で最短距離で突っ切る事ができません。

夜になると馬車として使っている地竜も体力の限界になり途中の宿で泊まる事になりました。

そこでレムからこの上無く励まされたスバルは眠りこけ、翌朝目を覚ますと彼女がいません。

そして傍には

「今のスバルくんを連れ帰るには危険過ぎるためここで待っていてください。」

という置き手紙が。

スバルの身を案じたレムは彼を支えたい一心で一人屋敷へと向かったようです。

すぐに馬車を持った行商人を見つけ屋敷へ向かうと道中これ以上はいけないという事で貧民街で下りますが、そこにはとんでもない光景が待ち受けていました。

なんと地面一体が人の血で溢れかえり村人の死体の山がそこら中に転がっており、屋敷の前では昨日まで一緒だったはずのレムの死体があったのです。

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 第15話あらすじとネタバレ

かろうじてロズワール邸へと到着したスバルでしたがすでに屋敷の者は皆殺されており、地下へ進んだ彼もまた死んでしまいました。

死に戻りしたスバルは先のショックから精神が崩壊し、レムが彼を屋敷へ連れ帰ろうと馬車で向かいます。

しかし道中で魔女教の者達に不意を突かれレムは負傷、スバルは拉致されてしまいました。

魔女教の大罪司教怠惰担当ペテルギウスに拉致されたスバルを助けにレムがやってきますが、奴の「見えざる手」によって彼女は瀕死の状態に追いやられます。

首や両手足は明後日の方向を向き、もはやおもちゃと化しているレム。

それを目の当たりにしたスバルはここでやっと精神が戻りますが時すでに遅し。

状況を打破する事はもう不可能でペテルギウスに怒りただ泣き叫ぶしかありません。

その光景を楽しむペテルギウスは鎖で繋がれた彼を置き去りにしました。

魔女教がいなくなった後レムが最後の力を振り絞りスバルに近寄り、彼を繋ぐ鎖を破壊して息絶えます。

スバルはペテルギウスへの怒りを剥き出しにしながらレムを抱えて屋敷へと歩み出しますが、途中の村も屋敷の者も残らず全滅。

そこへ大怪物が現れ「わが娘と共に眠れ」と彼は首を切り落とされ死んでしまいます。

再び死に戻り後レムを連れて街を歩き出しますが、彼女が見える外側ではかつてないほど狂気に満ち溢れる恐ろしい表情をしたスバルがそこにいたのです。

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 第16話あらすじとネタバレ

スバルはレムと共に「3日後魔女教がロズワール邸を襲いにやってくるため助けて欲しい」という交渉をしにクルシュの元を訪ねます。

しかし未来の話をして感情的になり魔女教に対して殺意剥き出しのスバルをクルシュは狂人だと言い放ち王選敵に義理立てする意味もないと拒絶されてしまいました。

交渉は決裂しクルシュ邸を出たレムは騎士団の詰め所へ、スバルはプリシラの元へやってきます。

彼は同じく助けを求めますがプリシラは「わらわの足を舐めろ」と命令。

断腸の思いでその足を本当に舐めようとするスバルを彼女は「つまらない男じゃ」と激しく罵り蹴り飛ばします。

プリシラの逆鱗に触れ「貴様は犬のような依存と豚の欲望持った最も醜い生き物じゃ」とまで言われすぐさま追い返されてしまいました。

そこへもう一人の王選候補者アナスタシアが現れます。

彼女はクルシュ陣営に関する情報を少しでも搾取するため、先日まで共に行動していたスバルに近寄りました。

そんなことは露知らずクルシュの元へラッセルフェローという商人が訪問していたと口を滑らせてしまいます。

これがどう重視される事なのかわかりませんが、代わりに交渉術の基本や牛車を借りられる彼女のサインをもらえたスバル。

宿にてレムとの話し合いで、屋敷へ戻りエミリア達やふもとの村人達皆を連れ出そうという策に出る事になりました。

翌日、レムと一緒に牛車で屋敷へと向かいますが道中で商人達の団体と出くわし「報酬を支払うから人を連れ出す手伝いをしてほしい」と告げ共に行動する事に。

しかし夜中の移動の最中、突如とんでもなく巨大な白鯨に襲われてしまうのです。

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 第17話あらすじとネタバレ

屋敷へ戻る最中、スバル達は白鯨に狙われてしまいました。

牛車は他にもいますが必要にスバルの乗っている牛車を追いかけてきます。

窮地に陥り打開策を考えるスバルでしたが何も思い浮かばずにいるとレムが牛車を降り迎撃すると言います。

それを必死に止める彼を気絶させ、白鯨から牛車を逃がすためにレムは自ら降りていきました。

目を覚ましたスバルは牛車の主オットーにレムを探しに戻るよう言いますが状況が状況なだけあってもちろんそんな事は引き受けません。

2人はしばらく言い合いをしている内に急に何故かオットーがレムの存在を忘れ話が噛み合わなくなります。

そうこうしていると白鯨が彼らの牛車へとうとう追いつき、襲いかかってきました。

何故ここまで必要に追いかけてくるのかを考え、ふと一つの事実にいきつきます。

白鯨は魔獣であり、魔獣は魔女の残り香を追い求めてくる、ということはスバル自身を追いかけてきているという事実に。

スバルが自然に引き寄せている事がわかったオットーは自分が助かりたい一心で彼を牛車から突き落としました。

そしてスバルもまた「死にたくない」と必死に走り続け、かろうじて白鯨から逃げ切った彼の前になんとオットーが乗っていたはずの牛車が・・。

その牛車に乗ってロズワール邸へ戻る事ができたスバルが目を覚ますと傍にはレムの姉のラムがいました。

そして状況を聞くラムに対しレムの事を話すと、なんと彼女はレムに関しての記憶が完全に無い模様。

現実を理解できないスバルはそのままエミリアの部屋を訪れ、屋敷が今非常に危険な状態である事とレムの事を告げますが彼女もラムと同様レムを知らない様子です。

悔しさ、怒り、悲しみ、全てのマイナスな感情を出し彼女を罵り泣き叫ぶスバル。

「うまくいかない。お前はだめだ失敗する。無茶と無謀を積み重ねてそれらを重ねた分だけ死体の山を見る事になる。それがお前の未来だ。」

そのような失言や醜態を晒し、心臓を奪われてもいいと覚悟を決め死に戻りの事をエミリアに打ち明けようと話出しました。

心臓を触られた感触はあったもののいつもと違い苦しくなく戸惑っているところエミリアが倒れかかってきて・・何故か彼女は血まみれになり死んでいます。

泣き喚いた後エミリアを抱えてしばらく完全停止して呆然としているスバルの元へベアトリスが現れ、空間術を使い屋敷の外へ追い出しました。

そこへ魔女教徒を連れてエミリアの亡骸をさらに手にかけようと見えざる手を繰り出すペテルギウス。

しかしそこにかつてのそれとは異なる表情をしたエミリアの精霊パックが大激怒して現れ、奴の見えざる手を制止したのです。

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 第18話あらすじとネタバレ

エミリアの死に怒りを露わにしたパックは巨大化して一瞬で魔女教徒を殲滅、ペテルギウスを凍らせて踏み潰します。

スバルの罪を指摘した後「僕はこれから世界を滅ぼす」と言うパックに体を凍り尽くされ彼は死んでしまいました。

死に戻りしたスバルは目の前にいるレムに「俺と一緒に何処か遠くへ逃げよう」と提案。

それは深い絶望感を身を持って味わい、心が折れ切って諦めるしか道は無くせめてレムを連れ誰も知らない土地で暮らそうというものです。

驚愕の発言に困惑する彼女をスバルは必死に説得しますが、レムはそれを断りました。

そしてレムが想像する彼との理想の未来話をスバルへ具体的に聞かせます。

新天地でスバルと共に優しい家庭を作り平凡で、でも幸せな日々を過ごし人生を終えるという話。

しかしスバルがこれらを本当に望んでいるわけではない事もわかっているレムは別の方法を考えて屋敷へ戻ろうと言います。

スバルはこんなにもすごい人なんだという自分の想いを告げるレム。

無力さからの自己嫌悪で激しく自虐しだすスバルに対し、初めてレムも感情的になり泣きながら彼を励ましました。

「スバル君はレムの英雄なんです。世界中の誰もスバル君を信じなくなって、スバル君も自分の事を信じられなくなってしまってもレムは信じています。」

「スバル君が止まっていると思っていた時間を一緒に動かすんです。ここから始めましょう、ゼロから。」

と言うレムの言葉で絶望モードからついに勇気を取り戻したスバル。

エミリア達を助けるべくスバルとレムは手を取り合い「ゼロから始める」という覚悟を決めたのです。

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 第19話あらすじとネタバレ

スバルとレムはクルシュの元を訪れました。

ロズワール領地の森林にある魔鉱石の採掘権を授ける代わりにエミリア陣営とクルシュ陣営の対等な同盟を結びたいという提案。

それに白鯨討伐を目論むクルシュ陣営に白鯨の出現時間と場所の情報を出せると提示し交渉します。

以前の交渉体験から学んで事前にアナスタシアやラッセルフェローをしっかりと引き込んでおり、交渉は成立しました。

クルシュに使えている剣鬼ヴィルヘルムは過去に白鯨から妻の命を取られているため、その白鯨討伐の機会を与えてくれたスバルに深く感謝します。

白鯨討伐は王都にいる皆の悲願でもあるため他の兵士達も張り切って準備をしています。

アナシタシアの誇る傭兵集団長のリカードとも会い、一線を退いていた白鯨に因縁がある老兵団達からも感謝をされるスバル。

嫉妬の魔女から生み出され400年もの間世界を蹂躙している白鯨を討伐するべくクルシュの代表挨拶で皆は士気を高めます。

討伐隊全員で白鯨が現れるであろう場所へ移動し事前に待ち構える算段で、定刻となり予めアラーム設定しておいたスバルの持つ携帯の着信音が辺り一帯に鳴り響きました。

そして不気味に姿を現した白鯨にすかさずスバルとレムが突っ走って攻撃を仕掛け、歴史に残る化物との戦闘がついに開始されたのです。

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 第20話あらすじとネタバレ

妻テレシアとの馴れ初めを思い出し、攻撃に備えるヴィルヘルム。

突如上空に現れた白鯨にスバルとレムがすかさず先頭切って攻撃を仕掛けました。

あまりの白鯨の大きさに他の者達は皆怖気づきかけていましたが、真っ先に攻撃し化物に立ち向かっていく2人の姿を見て勇気をもらい彼らに続いて攻撃を開始します。

まず夜払いという照明弾で辺り一帯を昼間のように明るくすると、不気味で巨大な白鯨の姿がはっきりと現れました。

スバル達は囮役なので白鯨をうまくおびき寄せ、サイドからクルシュ達が強力な攻撃を繰り出します。

怒った白鯨は今度クルシュ達目掛けて向かってきますが、待ち構えていたヴィルヘルムが奴に飛び乗り剣攻撃のラッシュ。

斬りまくるヴィルヘルムに続きリカードが率いる傭兵集団も一斉に斬り掛かり、クルシュの強力な遠隔斬撃や無数の魔法攻撃で白鯨にダメージを喰らわせます。

そしてヴィルヘルムが奴の目玉をえぐり取ると、白鯨が残りの目の色を変え凄まじい雄叫びを上げて体から大量の霧を吹き出しました。

再び一帯が暗くなり、消滅の霧によってやられた21名が皆の記憶から存在を消されます。

霧に隠れた白鯨がさらに奇妙な雄叫びを上げると、個人差はあるものの討伐隊の者達が精神を崩壊させ激しく自傷行為をするなど狂った行動をしだしました。

耐性がありそれが効かない者がなんとか崩壊者の体を抑えますがどうにもならないため、スバルが再度囮となり彼らから白鯨を遠ざけます。

ヴィルヘルムとリカードもまたかなりの斬撃を仕掛け奴の角を切り落としました。

しかし反撃され体勢を崩してしまったヴィルヘルムをすかさず白鯨が喰い、そのまま突進してきた奴からスバルを守るため犠牲になるリカード。

一気に形勢は一転し、焦ったスバルはふと上空を見上げます。

するとそこにはなんと3体となった白鯨がいたのです。

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 第21話あらすじとネタバレ

いつの間にか3体となり、内1体がヴィルヘルムを喰った白鯨相手に彼を完全に飲み込ませまいとスバルとレムが攻撃を仕掛けました。

怪物相手に勇ましい姿を見せる彼らに続き、クルシュがそれを援護し1体の白鯨を地面へと叩き落とします。

弱った白鯨の内側からヴィルヘルムが攻撃を仕掛けようやく彼が中から突き出てきました。

そして重体のリカードいわく白鯨が軽くなり戦闘力も落ちている事、よく見ると3体共全く同じ傷を負っている事、1体だけ上空から動かない事を考慮しある答えに辿り着きます。

そのスバルの答えとは、弱った白鯨が2体の分身を作り出したということです。

スバルは彼自身が再び囮となり本体をおびき寄せる作戦をクルシュに伝え、白鯨らに立ち向かっていきました。

白鯨が3体になった事で絶望していた討伐隊の者達は、そんな彼の姿を見て再度勇気付けられ全員で援護に掛かります。

レムが放った氷魔法に跨って上空の白鯨本体に乗り奴を挑発した後、飛び降りて死に戻りの話で魔女の残り香を自ら強め自分を追ってくるよう仕向けるスバル。

地上まで追ってきた白鯨本体目掛けて皆が一斉攻撃を仕掛け、白鯨の動きを完全に止める事に成功。

そこに過去のヴィルヘルムとその妻テレシアの回想が入りました。

そしてヴィルヘルムが妻の仇を取るべく白鯨に止めを刺し、ついに白鯨の息の根が完全に止まります。

白鯨討伐に成功した事で、スバルはクルシュとヴィルヘルムから多大なる感謝と敬意を示され彼らとの深い絆が生まれました。

この後もまだ魔女教徒らとの戦闘が待っているスバルですが、ヴィルヘルムやリカード傭兵団ら約20名が彼に加勢します。

そこへスバルと犬猿の仲であるユリウスが合流するのでした。

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 第22話あらすじとネタバレ

魔女教との戦闘に向け作戦会議を行うスバル達。

彼の話だけでは魔女教襲来に疑問を抱く者もいますが、以前から白鯨の出現分布と魔女教の活動に符合する点が多いと語るヴィルヘルムの話で信憑性がより高まります。

会議後、皆を連れて魔女教徒らの出現地点へと向かいました。

到着すると、まずスバルは単身で魔女教大罪司教怠惰担当ペテルギウスと対峙して奴との会話で時間稼ぎをします。

いよいよペテルギウスが攻撃を仕掛けてきたところに仲間達が現れその場にいた魔女教徒らを殲滅、ヴィルヘルムが怒り狂った奴の胴体を真っ二つに斬り裂き呆気なく倒します。

一段落ついたスバル達は安堵から談笑をしていると、そこに森から見えざる手が押し寄せ仲間数人を殺されてしまいました。

同じくその手に捕まりそれを操るペテルギウスの指先に拉致されたスバルは危機一髪、ユリウスやヴィルヘルムに命を救われます。

ペテルギウスと瓜二つの言動をするその指先も倒しますが、敵はまだまだ無数に存在する可能性と殺されてしまった仲間を自分が巻き込んでしまったと自責の念にかられるスバル。

そんな絶望を感じている彼に対し叱咤激励をするヴィルヘルムから勇気をもらい、屋敷と村の人々を避難させるため先へ向かいました。

しかし、そこへラムが現れて何故か幻術でスバル達を混乱させたのです。

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 第23話あらすじとネタバレ

植物の幻影に襲われていたスバルはユリウスの微精霊に助けられ幻術から解放されます。

するとそこへラムが現れ彼を連れ去ろうとしますが、同じくユリウスの手により幻惑を破り正気に戻ったヴィルヘルムがそれを止めました。

ラムが攻撃を仕掛けてきた理由は2つあり、まずスバルが別の王選候補者の使者達を引き連れている事と王都から白紙の信書が届いたため警戒していたということです。

白紙の信書を送るという事は相手と対話する意思が無い事を知らせるもので、それによりラムに宣戦布告と取られた模様。

その白紙の信書は手違いだとわかった彼女は村人を避難させるため仲間に加わり、村人達に魔女教が襲撃に来ると伝え皆で避難の準備をし始めます。

実はその村人の中に魔女教徒の者が潜んでいますが、仲間のフェリスがそれに気付きその者を捕えます。

しかしその魔女教徒はスバルとフェリスを巻き込み自爆、彼らの命は助かったものの目が覚めるとそこは戦場と化していました。

スバル達も参戦し苦戦しつつもペテルギウスの配下である指先が残り1人となったところ、エミリアが登場し最後の指先を殲滅。

フェリスにエミリアの元へ行くよう促されますが、スバルは不穏なものを感じ森へと逆走していきます。

ユリウスとフェリスが彼を追いかけてくると、スバルはなんとペテルギウスに憑依されてしまっていました。

意識の取り合いをするスバルとペテルギウス、少しの間意識を保てた際にユリウスとフェリスに自分を殺すよう指示するスバル。

とんでもない指示に初めは拒絶するも、そうするしか方法がない2人は泣きながら、悔みながら最後に彼の止めを刺すのでした。

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 第24話あらすじとネタバレ

ペテルギウスに憑依され、死に戻りしたスバルは白鯨攻略戦後の地点までリセットされます。

仲間達との会議でペテルギウスは配下の指先とスバルのみ憑依できるという事が判明したため、指先の殲滅を優先しその後ペテルギウス本体を叩くという作戦を立てました。

まず屋敷の者と村人を安全な場所へ避難させるため、屋敷にいるエミリアを説得しにヴィルヘルムと変装したスバルが向かいます。

エミリアを説得し皆を避難させた後、それを見ながら森に潜むペテルギウスの指先らの行動を先回りして全て潰したスバル達。

そしてスバルは魔女教に入信するフリをしてペテルギウスに近付き、奴が油断したところ奇襲を仕掛けました。

奇襲後、地竜に乗り逃げ出したスバルを怒り狂ったペテルギウスが必死に追いかけてきます。

道中では見えざる手や魔女教徒らの攻撃を受けますが、仲間の援護もありかろうじて無事に奴を作戦の場所までおびき寄せる事に成功し崖の上からユリウスが登場。

感覚共有魔法「ネクト」を使いスバルのみが見える奴の見えざる手を視界に捉える事ができたユリウスは、それらの手を次々と斬りつけペテルギウスに立ち向かっていきました。

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 第25話あらすじとネタバレ

強敵ペテルギウスから無数に放たれる見えざる手を巧みな剣術でかわしながら、その手を次々と斬っていく精霊騎士ユリウス。

激しい攻防を繰り返した後、敵を断崖絶壁まで追い込むとスバルとの連携で奴の体に剣を突き刺しました。

命を諦めきれないペテルギウスはなんとここでスバルに憑依してしまいます。

しかしスバルはこの憑依対策を事前に考えており、その対策とは奴の求めている魔女を呼び出す事でした。

彼が死に戻りの話をしようとすると意識の中でその都度魔女が現れ、彼の心臓を苦しめるという事象をうまく利用したのです。

すると案の定魔女が現れ、ペテルギウスに近寄りますが彼女は興味がないのか奴をはねのけて外に追い返しました。

自身の体に戻ったペテルギウスの心臓をユリウスが一突きし、見えざる手を使って悪足掻きをするもその拍子で破壊された岩が次々と崖から落ちてきて奴はそれらに潰されます。

奴を倒し一段落つくかと思いきや、行商人達が持っていた非常に破壊力があり小さな集落をかるく消し飛ばすほどの量の火の魔石が見当たらないという問題が発生しました。

おそらくエミリア達がいる王都避難組が乗っている牛車に乗っているという事がわかり、急いで彼女らを追いかけるスバル。

行商人オットーの力を借り最短距離でエミリア達のいる場所まで向かっていると、なんとまだかろうじて生きていたペテルギウスがもはや怪物と化した姿で追いかけてきました。

一方、エミリア達も魔女教徒らの襲撃を受けていますがヴィルヘルム達がそれを助けながら同行しています。

その襲撃を受けている際に、命をかけて自分を守ろうとしているスバルの強い想いを村の子供達から聞くエミリアにやっと彼の気持ちが届いた模様。

そしてしつこく追いかけてくる怪物化したペテルギウスの顔を炎で焼き、奴の福音書にスバルが何かを書いて別れの言葉を告げ、とうとう奴は消滅しました。

ようやくエミリア達に追いつく事ができたスバルは、彼女の乗っている牛車から大量の火の魔石を持ち出し「好きだよ、エミリア。」とだけ告げて走り去っていきます。

彼を呼ぶ彼女を置いてその魔石を遠くの洞窟に投げ込み、その場所から急いで逃げるスバル。

魔石の大爆発で物凄い爆風の後、心配してスバルの元へと走り寄っていくエミリア。

スバルは目を覚ますと、草原でエミリアに膝枕をされている状態でした。

王都で喧嘩別れをした後まともに会話をするのは初めてですが、スバルはただならぬ経験から成長し、エミリアは彼の想いに気付き始めているので仲直りするまでもない状況です。

エミリア「どうして私を助けてくれるの?」

スバル「エミリアが好きだから。俺は君の力になりたいんだ。」

王都では言えなかった彼女への想いをまっすぐ伝えるスバルの言葉に感動するエミリア。

そして2人の仲睦まじい描写でこの物語は幕を閉じました。

アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)」第1話から最終話まで全話無料で視聴する方法

U-next

  • 月額:1990円
  • 無料期間:31日間
  • メリット1:韓流ドラマ・アニメが豊富
  • メリット2:電子書籍が充実、ポイント還元アリ
  • デメリット:正式利用すると月額料金が少し高い

U-next最大のポイントは豊富な韓流ドラマ・アニメが見放題という点です。

ポイント視聴の作品もありますが、見放題が多いのでオトクです。

アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)」もU-nextで配信中なので、お試し期間を利用して全話無料で視聴できますよ♪

また、電子書籍も充実していて毎月もらえるポイントでキングダムやONE PIECEといった漫画が1冊無料で読めます。

しかも購入額の40%がポイント還元されてまとめ買いもオトク。さらに雑誌の最新号が70冊以上読み放題だったりと、月額は少し高めですが、それに見合ったサービスの充実度です。

今なら1ヶ月間の無料お試しキャンペーン中なので、この機会に利用してみては?

ひよこ
ひよこ
U-nextはアニメ、韓国ドラマの見放題作品がすごく多いです。
映画も多く、70誌以上の雑誌が見放題だったりサービスが充実♪
ぶた
ぶた
申し込んで31日間は完全無料なので、気軽に試せるね。

ちなみに、アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)」の動画を配信中のサービス一覧は下記をチェックしてみてください。

動画配信の欄が「全話見放題」の場合は1話〜最新話まで全話見放題、ポイント視聴の場合は1話ごとにポイントを使って視聴可能です。

VOD名動画配信無料期間
FODプレミアム未配信31日間
U-next全話見放題31日間
Hulu全話見放題14日間
auビデオパス全話見放題30日間

※FODプレミアム、U-nextなどのタイトルから公式サイトに進めます。
掲載情報は2019年4月時点なので、現在の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。

どの動画配信サービスも無料お試しキャンペーン中なので、無料お試し中は1円も料金は発生しません♪

ポイント視聴だと、全話無料で見れない可能性もあるので、アニメだけ見たい場合は「全話見放題」の動画配信サービスが安心です。

アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)」はzipやアニポ・アニチューブで無料視聴できる?

zipやrarなどのデータサイトや、アニポやアニチューブ(Anitube)といった無料アニメ動画サイトで「Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)」話数の動画を視聴できないか調べてみました。

まず、zipやrarなどのサイトで違法アップロードされたコンテンツをダウンロードしてしまうと違法なのでおすすめしません。

※また、アニチューブ(Anitube)は、すでに閉鎖しているのでアクセスできません。

アニポでも予告動画しか見つからず、話数の動画はアップされていなかったので、アニポやアニチューブ(Anitube)での無料視聴はできないようです。

最近は、こういった違法アップロードサイトの取り締まりが厳しくなっていて、仮にアニポに動画がアップされてもすぐに消されてしまうみたいですね。

漫画村のようにアニチューブの代わりのサイトも出てきたりもしますが、すぐに閉鎖されたりウィルスが仕込まれていたりとリスクも高いです。

違法動画サイトを利用しなくても、公式サービスの無料キャンペーンを利用して高画質な動画を1話〜全話無料で視聴できるので、そちらを利用した方が賢いですね。

下記からすぐに登録して視聴できますし、解約も簡単で好きな時に1、2分で退会できるので継続しない場合は無料キャンペーン中に退会すれば料金は1円もかかりません。

違法動画サイトを利用しなくても、公式サービスの無料キャンペーンを利用して高画質な動画を1話〜全話無料で視聴できるので、そちらを利用した方が賢いですね。

下記からすぐに登録して視聴できますし、解約も簡単で好きな時に1、2分で退会できるので継続しない場合は無料キャンペーン中に退会すれば料金は1円もかかりません。