アニメネタバレ感想

【アニメ】進撃の巨人season3 第1話「狼煙」のあらすじネタバレと感想!

アニメ「進撃の巨人season3」の【第1話】を見たので、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

進撃の巨人season3 第1話のあらすじ

調査兵団は多数の犠牲を払いながらも、エレンを取り戻すことに成功した。

しかしエレンによって巨人が操られたことやコニーの村の住人が行方不明になったことは謎のままであった。

ハンジはウォール・マリアに開けられた穴を塞ぐためにエレンの巨人の硬質化実験を行うが、失敗に終わる。

ニック司祭が中央憲兵によって拷問を受け殺害される。

突然、中央が調査兵団の活動を凍結し、エレンとヒストリアの引き渡しを命じる。

調査兵団は追っ手から逃げるためにトロスト区で紛れようとするが、リヴァイはケニーによる襲撃をうける。

進撃の巨人season3 第1話の感想と考察

進撃の巨人season3 第1話では、冒頭でエレンが海を見ているのがとてもインパクトがありました。

season3で遂にエレンたちは海にたどり着くのかと思うと早く見てみたいものです。

そして新しいオープニングは今までのオープニングとは打って変わり、爽やかなものとなっています。

ここでも海が出ているのは、製作者がよほど海に思い入れがあるのかもしれません。

オープニングが終わると調査兵団のみんなが楽しそうに時間を過ごしています。

ここで特に印象に残っているのがエレンとヒストリアの会話です。

今までこの2人の会話はこの作品で描かれることがなかったのでとても新鮮でした。

これまで自分を作ってきたヒストリアがユミルの言葉を受け、本来のままでいようとする姿にエレンが不器用ながらも同意しているところが良かったです。

またハンジが中央憲兵に対して嫌味を言っているところが印象に残っています。

徐々に深まっていく王政への不信感がよく描かれていると思いました。

そしてついにその王政がエレンとヒストリアまでもを引き渡すように命じます。

王はヒストリアの何に恐れているのか、謎は深まるばかりです。

最後にリヴァイと何らかの因縁があるように見えるケニーが登場します。

あのリヴァイが恐れるケニーとは何者なんでしょうか。

一瞬にして調査兵団が何人も殺されてしまいます。

果たしてこの窮地をリヴァイは切り抜けられるのか、気になって仕方がないです。

進撃の巨人season3 第1話のまとめ/気になる点

進撃の巨人はseason3も今までと同様にまたそれ以上に面白くなり、そして謎が解き明かされていくでしょう。

次回はリヴァイとケニーの戦いに期待せざるを得ません。

第2話もとても楽しみです。